fc2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

MERSと新型コロナは同じ画像✨エボラ出血熱の真相✨無理やり毒ワクチンを打たせて、ワクチンを打たせた労働者は次々と血を吐いて死にました。それをエボラ出血熱と言い換えてそのまま焼き殺しました✨HPVヒトパピローマウイルスによる子宮頸がんのエビデンスは存在しません✨



2014年のMERS(マーズ)コロナウイルス…
2019年の新型コロナウイルス…

国立感染症研究所提供の電子顕微鏡写真が使い回しだった!!
ただ90度回転させただけ!
見やすく回転戻してあげました
「ウイルスの正体はエクソソーム」だったのです✨


いいもの発見。
新型コロナウイルスと言われてる顕微鏡写真は…
マーズの写真の角度を変えただけ。
「使い回し・嘘」です。


SARSもMERSも一度も存在を証明されたことがありません。
新型コロナと同じで「架空のウイルス」なのが真実でした✨
↓  ↓



「ウィルスとは、単に有毒化した細胞の排泄物だ 」シュタイナー

その排泄物とは、有毒化したDNAまたはRNAといくつかのタンパク質が細胞から排出されることで、「毒化した細胞はゴミを外へ捨てて自らを浄化
それを「ウィルス」を呼ぶ
全てのウイルスに病原体であるエビデンスは存在しない。


『エイズはすべてインチキだった』HIVウイルスは捏造でした♪


Drマーチンと弁護士フェルミッシュのインタビューの内容、​​

Covid"Vaccine"バイオテロを何十年も前から計画していた
2021年7月18日 Gary D. Barnett(HMakow)DeepL抜粋

​https://henrymako♡.com/2021/07/Barnett-COVID-vaccine-bio-terror.html​​

新型の「ウイルス」も「パンデミック」も「亜種」も存在しません。本当の生物兵器は、「ワクチン」と偽られた毒物の注射です。

目を覚ますか、大量死を待つか、どちらかを選んでください。

*『パン・コロナウィルス・ワクチンのような医療対策の必要性について、国民の理解を深める必要があります。

その鍵を握るのはメディアであり経済は誇大広告に従うものです

私たちはその誇大広告を利用して、本当の問題に迫る必要があります。

投資家は、プロセスの最後に利益が見えれば反応するでしょう。』

*Peter Daszak, Eco-Health Alliance--2015年に行われた声明で、2016年2月12日にNational Academies Pressで報告されたものです。
「The Reason for the Indoctrination and Dumbing Down of Americans Is Now Obvious: There Is No Pandemic, Only Fear」(アメリカ人を洗脳してダミーダウンさせる理由は、今や明白である:パンデミックは存在せず、恐怖だけである)

ゲイリー・D・バーネット著
(要約:henrymakow.com)

デビッド・E・マーティン博士とライナー・フェルミッシュの最近のインタビューは、それだけで、人類を滅ぼそうとしているこの「ウイルス」詐欺を行っている主要人物全員を失脚させるのに十分なほど、驚くべきものです。

だからこそ、国家の支配者とその政治家の売春婦たちの邪悪な企みにとって、国民を長期にわたって麻痺させ、洗脳することが極めて重要なのです。

このような確かな証拠があれば、関係者全員が完全に暴露され、これらの犯罪者を起訴することは容易なはずです。

しかし、眠っている大衆が絶対的な無関心を示していることや、主流の「ニュース」サイトや技術大手があらゆるレベルで組織的な検閲を行っていることから、このような事態は起こらないのではないかと思います。

もちろん、これは茶番ですが、人々が無知の集団バブルに存在する限り、地球の人口を減らし、世界をテクノクラティックな主従関係のある社会に作り変えようとする陰謀は進み続けるでしょう...。

つまり、私たちは今、生死を分ける危機の真っ只中にいて、出口がないように見えるのです。

私が考える唯一の解決策は、大衆の反発と、完全な非遵守に基づいた、強力でできれば平和的な革命です。

これは、一般の人々が意識を高め、今日起こっていることを理解し、受け入れるようになって初めて可能になります。

大規模で平和的な反乱に必要な態度は今のところ存在せず、真実を伝え続けることだけが、弱体化した大多数の人々の心に変化をもたらすことができます。

だからこそ、私たちの多くは、自分と家族の自由を守るために、自分で判断する力を人々に与えるために、執筆活動を続け、事実に基づいた情報を発信し、個人的に大きなリスクを冒しているのです。

これまでの戦いは負けていましたが、自由のために努力している同じような考えを持つ個人の強力な多数派を形成するために、一度に一つの心を変えるために、国家という獣の邪悪な性質を暴露し続けなければなりません。

以上のことから、私は、できるだけ多くの人が、上と下のリンク先のインタビューでデビッド・マーティン博士が語った情報を見て、聞いて、勉強することが必要だと考えています。

これは画期的なことであり、今日起こっているような方法で大勢の人々に危害を加えたり殺したりする計画が、少なくとも22年前から計画されていたことを暴露しています。

これこそが真の陰謀であり、共謀であり、犯罪的なゆすりであり、罪のない人々の計画的な殺害であり、これらの発言を証明するすべての証拠がすぐに入手できます。

サマリー

ここでは、マーチン博士の講演で述べられた、私たちに対する陰謀を暴く事実の一部を抜粋して紹介します。

+ NIAID(米国政府機関)は、感染性複製コロナウイルスを作りました。そして、アジアでの流行が起こる前の2002年に特許を取得しました。米国特許第7279327号。

+ この生物兵器に"新しさ"はありません。

+ "新種のコロナウイルス"の発表は 架空のものであることを示す120以上の特許取得済みの証拠があります。

+ 2003年4月28日、CDCがSARSコロナウイルスに関する特許を出願した3日後に、セコイア製薬がSARSコロナウイルスを治療するための抗ウイルス剤に関する特許を出願しました。

つまり、CDCがSARSコロナウイルスの特許を出願し、その3日後に大手製薬会社がその治療法の特許を出願したのです。3日前に発明されたものに対して、どうやって治療法の特許を取得するのでしょうか?

治療法の特許は、CDCの特許が許可される前に発行されています。CDCが出願を非公開にしたために発表されていないものを治療する特許は、物理的に不可能です。

+ SARS-CoV-2、Covid-19でも同じようなことが繰り広げられました。SARS-CoV-2が登場する前に、Modernaはワクチン研究センターからスパイクタンパク質の配列を入手した。

+ この病原体がユニークだとか新しいとかいう主張は、特許記録にある実際の遺伝子配列を見れば崩れます。

+ 何年も前から知られていて特許も取得している配列のコンピュータ・シミュレーションである合成スパイク・プロテインのmRNA配列を注入しています。

+ 目的:スパイク・プロテインの注入。このmRNA「ワクチン」は、特許性、法的、臨床的なワクチンの基準を満たしていません。

+ FDA(米国食品医薬品局)の基準によれば、これはワクチンではありません。生物兵器なのです。目的を達成するための日和見的なマーケティングキャンペーンです。

医療・製薬・産業複合体は、パン・コロナウイルスの医療対策を大衆に受け入れさせる必要があり、必要な誇大広告を作るためのメディア・マシンが必要であり、それによって投資家は利益があるところについていく。

+ 定義上、これは犯罪的なゆすりと共謀です。そして、大量殺人と人類への危害があります。

新型の「ウイルス」も「パンデミック」も「亜種」もない、国家のシナリオ全体が嘘なのです。

本当の生物兵器は、「ワクチン」と偽られた毒物の注射です。目を覚ますか、大量死を待つか、どちらかを選んでください。

違法など最初から承知のパンデミック詐欺ですが、
​法的アプローチが充分可能であるにも拘らず、誰もしない!?

キーは(出来ないと)洗脳された市民の覚醒にある、​

参考)
残された時間は短い証拠

諸説の整理

時代は染色体

DNA/RNAは存在しない



YouTubeにはアンドリュー・カウフマンに対する反論というのもあります。特に字幕付けの必要も無いと思いますが、その中でカウフマンによる「動物の種を越えて感染することはないのです。だから、馬がインフルになっても、人間は全く心配しない」との主張に、「狂犬病はどうなの?」と反論しているものがありました。

確かに、狂犬病というのは一般的に、病気の犬に噛まれると
ウイルスか何かが入ってきて、人間も狂犬病になるというものです。
これについて、What Really Makes You Ill?では何と書いてあるのか翻訳してみました。

紙の書籍のP168から4ページ分ですね。

国際獣疫局の定義によれば、狂犬病(恐水病)とは、

    ウイルスによる病気であり、人間を含む温血動物の中枢神経が影響を受ける。

狂犬病は、人畜共通感染症と分類されており、この定義ではこう説明する。

    狂犬病は、人畜共通感染症のうちでも最も致死的なものと分類されています。世界中で毎年これにより6万名が命を落とす。そのほとんどは開発国の子供です。

その主張としては、南極大陸を除く世界中の大陸に狂犬病が存在するといいます。しかし、WHOによる2019/5の狂犬病に関するファクトシートには次のように宣言されています。

    狂犬病は最も無視された熱帯病であり、その大部分としては地方の田舎地域における貧困で脆弱な人口に影響を与える。

動物が噛むことにより伝染すると主張され、その事例のほぼ大部分が犬によるものです。これにより、人が「感染した」唾液に曝露するといいます。しかし、この説明には一貫性があるとは思えない、主に「開発国」における「貧困で脆弱な」子供に影響するという説明とは。

国際獣疫局の情報シートには興味深いコメントがあります。ウイルスは噛まれた時にただちに活性となるのでは無いという点です。そうではなく、

    一般的には、噛まれた場所に一定期間留まり、神経を通じて脳に到達する。

WHOのファクトシートには、この病気に関連するいくつかの症状が言及されています。初期症状はマイルドなものであり、噛まれた場所の痛みと熱があるものの、はるかに深刻な症状は後に現れるのだといいます。ファクトシートはこう説明します。

    ウイルスが中枢神経に広がると、進行的で致命的な炎症が脳と脊髄に起こる。

第三章の議論では、「ウイルス」と呼ばれる粒子が、ホスト細胞の外では不活性であることを示した。これが意味することは、身体中を「旅する」ことはできないことです。

このファクトシートによれば、病気には二つのタイプがあると言います。その一つは、「猛烈な」狂犬病です。なぜなら、「異常に活発な行動」を起こすと言われるからです。

この行動に含まれるものは、恐水症状を意味するhydrophobiaであり、狂犬病のもともとの名称です。もうひとつの形態としては、麻痺狂犬病である、ウイルスが麻痺を起こすからです。

「感染した」動物から噛まれた場合には、迅速な「治療」が必要とされます。これには、かなり珍しいことに、狂犬病ワクチンの接種が含まれます。

ワクチンの大部分というのは、「曝露」以前に予防策として接種されるものであるが、しかし、狂犬病ワクチンの場合には、「曝露」の前と後に接種しうるのです。

しかし、このワクチンは、狂犬病「リスクにある」とみなされる人々以外においては予防措置として定期的に接種されるわけではないのです。この人達は主に、例えば動物を相手とする者、獣医師、動物研究者等です。

狂犬病ワクチンは動物にも人間にも使用されます。最初の狂犬病ワクチンは、人間が使用するためだけに作られたものではあるが。

その開発功績としては、フランスの科学者ルイ・パスツールの名があげられ、これもまた彼の「功績」の一つとみなされています。第三章で議論するように、ドクター・ゲイソンの研究が暴露するところによれば、

ルイ・パスツールの「科学」というのは、これまで信じられてきたような注意深いものでは全くなく、彼の狂犬病ワクチンの調合もまた、同じように欠陥があります。

ルイ・パスツールの狂犬病の研究以前には、この病気と診断された者の「治療」としては、その本質として最も奇怪なものでありました。それは、「科学」というよりも、むしろ迷信に近いものです。

エレノア・マクビーンはその著書「The Poisoned Needle」の中に、ドクターMillicent MordenがScientific Reviewに掲載したエッセイ「Rabies Past/Present」の一部を掲載しています。このエッセイには、ルイ・パスツール以前の狂犬病治療の事例があります。

    1806年のこと、ミスター・クラウスが1,000ドルの報奨金を獲得した、現在ニューヨークと呼ばれる都市の長からで、彼の発見により、ニューヨークから20年間狂犬病を排除したことによるものです。

彼の処方としては、記録に残るものであり、その要素としては、ロバあるいは犬の下顎をすりつぶしたもの、子馬の舌、ジョージ一世の1セント貨についた緑色のカビでありました。

これらの治療というのは、以前に引用したウイリアム・ホワイトによって、より適切に説明できるでしょう。彼は「馬鹿らしさと不快さの組み合わせ」と表現しています。

これらの治療の馬鹿らしさの観点から見れば、医学界が「運」とみなしたのも無理は無い。つまり、ルイ・パスツールがその注意を狂犬病研究に向けたことは運だったのです。

しかし、彼の指揮したものは、以前に説明したと同様な悲惨な猿による実験でした。ポリオの伝染を示すと主張されたものです。ライオネル・ドールは、その著書「The Blood Prisoners」でルイ・パスツールの実験の本質を説明しています。

    ルイ・パスツールがウサギを「狂犬病」にした方法というのは、頭蓋骨に穴を開け、脳に汚物を詰め込むことでした。科学ではなく、単純に野蛮なホラです。

にもかかわらず、この野蛮なホラを基としてルイ・パスツールは、彼の狂犬病ワクチンを開発したのです。このワクチンが際立った成功を収めたと、医学界が言及するものです。

しかし、現代のレポートでは、まるで異なる話が語られており、そこにはまたもルイ・パスツールの基本的な間違い、あるいはペテンとさえ言えるものがあります。

ドクター・モーデンはそのエッセイの中で、ルイ・パスツールと同時代の二人の医師に言及しています。彼の仕事を声高に批判していた者です。この抜粋を示していこう。

最初の抜粋としては、ドクター・ブルエットによる狂犬病ワクチンのインチキです。

    ドクター・ウイリアム・A・ブルエットは、ワシントンの米国畜産局の元チーフであり、パスツールと同時代であり、パスツールの発見の間違いについて多くの証拠を示した。

実際にドクター・ブルエットが証明したものとしては、狂犬病ワクチンが詐欺であるばかりではなく、害をなすことです。彼は狂犬病ワクチンを冷笑し、「予防接種が病気を蔓延させる」と宣言した。さらに彼は、狂犬病ワクチンの売上を徹底した詐欺と呼んだのです。

21世紀のワクチンは、19世紀当時のものとは異なるものであるが、これらはすべて欠陥理論に基づいています。

第二としては、ドクター・ウッズによる、狂言病の原因と主張されるものについての理論の大きな欠陥の暴露です。

ドクター・マシュー・ウッズは、もう一人のパスツールとの同時代人であり、フィラデルフィア医療ソサエティの元代表的メンバーでありました。

彼は狂犬病について多く書いていました。彼は言う、「フィラデルフィアの犬ポンドでは、年間6,000頭の野犬が捕獲され、捕獲者や管理者が度々噛まれることがあります。が、ただの一件も狂犬病は起こっていない、その歴史の25年間において一度もです。その間、15万頭の犬を扱ったのです」

ドクター・モーデンは、更にドクター・ウッズを引用しています。そこで彼が示唆することは、たびたび「狂犬病」とレッテル貼りされるこの症状の別の原因です。

    動物において、いわゆる狂犬病とされるものは、基本的には、虐待か栄養不足か、あるいはその両方です。

ドクター・ブルエットやドクター・ウッズは、パスツールの狂犬病ワクチンを過小評価した唯一の医師ではなかりました。決定的な視点を持ったのは、ドクター・ジョージ・ウイルソン医師、英国医療協会会長です。彼は1899年の協会の年次総会にて以下の宣言を行い、英国医療ジャーナルにも掲載された。

    私は自身の職業が大衆をミスリードしていることを告発する。パスツールの狂犬病予防ワクチンは、私や他の方が信じるところでは、騙しの道具です。

残念なことに、狂犬病ワクチンは騙し道具以上のものです。過去のみならず現代でも、これは深刻な大衆健康問題です。人間と動物の両者に深刻な健康上の害をもたらしているのです。

ドクター・ウッズの指摘するような虐待と栄養不足という別の原因は、ワクチンでは予防できも治療できもしないことを明らかとすべきです。人間と動物の健康は確実にワクチンによって逆の影響を受けうる。

ライオネル・ドールは、その著書の中で狂犬病ワクチン使用に関連する多くの問題を説明しています。

    パスツールは、そのワクチンでただの一つの命も救ったことを証明できませんが、極めて確かなこととしては、その治療によって多くの人間が死亡したことです。一方で、犬に噛まれた人間が完全に健康であるにも関わらずです。

「完全に健康」な犬であれば、「狂犬」にはなりえないのです。さらに、もし噛めばそれが人に伝染る病気を持つとして多くの犬が屠殺されたのです。

狂犬病はウイルスによって起こされると主張されるが、第三章での「細菌理論」への反論では、これが未証明の主張であることを示す。

しかし、他の証拠もまた、狂犬病がウイルスによるものであることを否定している、スイス医療歴史家のHans Rueschの示すようにです。彼の著書「1000 Doctors (and many more) Against Vivisection」では言います。

    19世紀にパスツールが狂犬病の「問題」を解決したと医学生は教わる、犬の実験のおかげでです。彼ら、そして大衆が教えられないこととしては、狂犬病を起こすウイルスを、彼もその後継者も特定していないことです。

Hans Rueschの著書が最初に出版されたのは1978年です。言い換えれば、電子顕微鏡の発明から40年以上経過していたのです。

これが示すのは、狂犬病を起こすと主張されるウイルスを特定するための十分な時間が科学者にはあったことです。1970年代後半に特定されずに残った事実が示すことは、「ウイルス」によって狂犬病が起こされるという、もともとの「証明」など無かったことです。

「感染した」とされる犬によって人間が噛まれることによって伝染するという考えもまた未証明なのです。

    ドクター・モーデンは、そのエッセイの結論として、狂犬病と呼ばれる「感染病」の存在についての間違った考えを要約しています。

    では、狂犬病は病気なのか?ウイルスか細菌を分離したのか?パスツールの治療に効果があったのか?短くいえば、狂犬病とは事実なのか空想なのか?

私は、これを空想と考える。私はいわゆる狂犬病の動物と人間をパスツール治療の恩恵無しで扱ったが、いずれのケースにおいても、死亡その他の狂犬病症状などなかりました。私は主張する、狂犬病は存在せず、パスツールの治療は病気よりも悪いと、もし病気であればですが。しかし病気などではないのです。

人間の狂犬病は中枢神経システムの病気で、脳の炎症を起こすとされます。しかし、そうでなければ脳炎という名前で知られるものです。

これらの症状には、いくつかの病因の可能性が示されています。例えば、(本書の)1918年のインフルエンザの説明において、「ワクチン接種後の脳炎」のケースに言及した。狂犬病ワクチンのいくつかの可能性のある「副作用」としては、痛み、めまい、吐き気があります。

より深刻な効果としては、呼吸困難、喉の腫れ物があります。両者とも救急とみなされるものであり、ワクチンの危険性を示すものです。

ワクチンにはそれに寄与する要因はあるものの、動物や人間が曝露しうる神経毒の唯一のソースではないのです。しかし、狂犬病抑制には動物へのワクチン投与、主には犬が必要だとされます。多くの国で、これらのワクチンが強制されています。

彼らが人間よりも「下等な存在」という信念にも関わらず、動物もまたワクチンの「副作用」を経験する。ストレスに苦しむが、それとまた、毒性成分の深刻な影響も受けるのです。認められている「副作用」としては、吐き気や熱があります。両者とも毒にさらされたことの明確な兆候です。

米国獣医学会(AVMA)は、ホームページ上で「Vaccination FAQ」という情報を提供しています。起こる可能性のある、よくある「副作用」です。そして、より深刻な反応のいくつかを声明しています。

  生命の危険になりえ、救急事態となります。

これらの効果の深刻さが示すのは、狂犬病を含むワクチンの効果から動物がリスクにさらされることです。残念なことに、国際獣疫局は狂犬病を排除するために適切な手段が要求されると主張する。

  少なくとも70%の犬にワクチン接種しなければならないのです。

狂犬病は、犬に噛まれることにより伝染するというのが主な主張にも関わらず、他の動物もまた、狂犬病を起こすと主張される「ウイルス」を伝播するベクターであるとみなされています。これらの動物としては、コウモリ、アライグマ、ネコです。

したがって、犬にだけワクチン接種して狂犬病を絶滅させられるという考えもまた、例外的に説明の無いまま残されています。

これが純粋に病気であることの証拠が完全に欠如しているにも関わらず、狂犬病は重要な人畜共通感染症と考えられ、多くの動物、特にペットがワクチン接種対象となり続けています。これは、製薬産業にとっては非常に儲かるものであるが、人間と動物の健康にとっては極めて有害なものです。



あなたが病気になる本当の理由・第1章「病気の処方薬」

ドーン・レスターとデビット・パーカーは、それぞれバックグラウンドが会計と電子工学という医療とは違う分野にいた人物です。

二人は、西洋医学、細菌理論、ウイルス、感染症発生の歴史について独自の研究をし、2019年、「What really makes you ill?(あなたが病気になる本当の理由)」という本を出版しました。

CDC(米国疾病対策センター)の保健部門でエイズ症例の情報収集に参加したこともある医師で、ウイルスの本当の正体はエクソソームと考える、アンドリュー・カウフマン博士も絶賛するこの本は、私たちが認識している病気の概念を覆す内容になっています。

医療分野出身ではない二人だからこそ、タブーにとらわれない衝撃的な内容のこの本は、病気の概念について認識を間違えていたというより、わざと隠されていたのではないか?と思えるような事実の証拠を次々に出してくれています。

薬は病気を改善させない
「薬」は現代医療の中心に位置します。

薬の存在の裏にある「科学」は、様々な研究と実験が重ねられ、科学的根拠に裏付けられた完全な基盤を持っているという印象を与えます。

しかし残念ながら、これは真実ではありません。

「医薬品」は科学的根拠に裏付けられているわけではなく、病気を改善させるものでもありません。

薬の目的は、症状を止めることです。
薬の使用で症状が止まることもあれば止まらないこともあり、これは個人差です。

もし薬の使用で症状が完全に治った経験があるのであれば、それは薬のおかげではなく、健康が回復したわけでもありません。

毒物が病気を治癒させるという考え
パラセルスースは梅毒に「水銀」を使用し、不均衡の是正を図りました。

梅毒に水銀というアイディアを思いついたのは、パラセルスースではなく、ジョルジオソンマリバ(1490年頃)という医師です。

パラセルスースは水銀の軟膏を梅毒の治療に使用しました。

「毒が薬になる」というパラセルスースの考えは、「適切な用量で投与される有害物質は医薬品として適している」という理論です。

16世紀と17世紀は科学が栄えた時期であり、特にヨーロッパでは、王立学会などの科学組織が設立されました。

この期間に行われた科学の進歩には、多くの新しい発見や技術だけでなく、たとえば顕微鏡などのそれまでにはなかった大幅な技術的改善が含まれていました。

「医療ルネサンス」と「科学革命」を含むこの時代は18世紀にまで拡大し、特に医療の分野でエリート主義的態度を助長します。

水銀という毒物が病気を治癒させるという考えは、でたらめであるにもかかわらず20世紀初頭まで続きます。

時に死をも引き起こすこの治療の問題点は、当時の医師たちにも認識されていました。

現代医療の矛盾
にもかかわらず、この慣行がここまで続けられたのは、「毒でも薬になるのかもしれない」という間違った考えを正せる医療システムが存在しなかったためと考えられます。

医師は医師免許を取得するために多大なトレーニングを積み、偽医療を学びます。

一部の支配者(DS)の意見が絶対であるという暗黙の了解がありました。この医療の矛盾点に気づいた勇気がある医師のみが、代替医療への道を歩みます。

ナチュラル・ハイジーンという代替医療の学者であるハーバート・シェルトン、
シェルトンは彼の医師人生、25年間の処方薬の使用と33年間の処方薬の不使用の経験から、「薬は不要であり、さらにほとんどの場合で有害である」と述べます。

ほとんどの人は「21世紀の現代医療で使用される薬は確かな科学的証拠に基づいている」と考えるかもしれませんが、そうではありません。

21世紀の「医学」は、主に製薬会社の研究所で行われ、実験室での実験では、現代の医薬品の使用が「安全である」「効果的である」という科学的証拠は提供されていません。

それどころか、薬は病気の治療として効果がないだけでなく、害を及ぼし死を引き起こす可能性があることを非常に明確に示す証拠が増え続けています。

製薬会社での実験は、もともと生体から取り出した病変組織に医薬品を使用し、効果の確証を得るという開発方法を行っていました。

最近は病変組織ではなく疾患分子を使用するようになりました。
つまりDNA、またはRNAのいずれかの遺伝物質の分子、タンパク質分子です。

高度なロボット工学を使用し、疾患分子に有益と解釈できる効果を示す化学物質を探します。

しかし人体から取り出した疾患分子に効果を示しても、生体内で同じ効果が得られるというわけではありません。

疾患分子は生体内にいるときも生体外に単離されているときも同じ状態である、と考える方が無理があります。

実際化合物が疾患分子に対し有効という結果を得た後、動物実験や人間のボランティアによる実験が行われ、副作用の程度が調べられます。

そして薬の用量が決定されます。
これは用量を決めるための実験で、効果の有無は見ていません。

薬物の唯一の効果は体を毒すること」であり、
これに対する
「体の唯一の反応は、薬物を排出しようとすること」です。





治癒の法則:エドガー・ケイシー療法
http://www.minohonosaru.com/chiyunohousoku.html

これは私たちを、急性の炎症と発熱を伴う疾患についての考察へと導きます。これまでいわれてきたことからすると、「炎症と発熱は疾患」の二次的な現われ(毒の排出現象)だということになります。

何らかの健庚に対する敵がいても、自然が打ち負てなくしてしまおうと努めるとどんな形の炎症性の疾患も体内に生じることはできないのです。

治癒の基本法則は自然のこの事実に基づいています。

「私に熱をくれればどんな病気でも治せる。」
「医学の父・・・であるヒポクラテスは、2千年以上前に治癒の基本法則をこのように表現しました。」

私たちはこの同じ法則を次の文で言い表わすことができます。
「急性の疾患はすべて自然の浄化・及び治癒努力の試みの結果です。」

つまり、これらの法則を広く一般に応用すると、ありふれた風邪から、はしか、猩紅熱、ジテリア、疱瘡、肺炎等すべての急性の病気は、

傷を治したり、病気を起こしたりする何らかの物質、あるいは健康及び生命にとって危険なその他のあらゆる微生物、毒(水銀・重金属・フッ素・農薬)を、体から除去する自然の治癒能力だということになります。


 感染症の本質についても現代医学では語られない事実をお伝えしています。その一つが、感染症の本態は毒性物質への曝露(毒物の体内の蓄積)にあるということを豊富なエビデンスで示しています。

米国の国民健康栄養調査(NHANES)に1988〜1994年(NHANES III、7,173人)、および1999〜2006年(NHANES 1999-2006、8,678人)に参加した45歳以上の人1万5,851人のデータを分析した興味深い疫学的調査結果が報告されています(Environmental health perspectives. 2020 12;128(12);127004. doi: 10.1289/EHP7598)。

このデータを基に、カドミウムとインフルエンザまたは肺炎による死亡との関連を検討しています。
1988〜1994年のデータでは、尿中カドミウム濃度が高いグループでは、低いグループと比較して、有意にインフルエンザや肺炎で死亡する確率が15%高い結果が出ました。

(※インフルエンザや肺炎は、ただの毒物の排出現象であり、健康を取り戻す自然治癒力の一環でしかありません。毒を排出する現象【風邪】こそが健康になる一番の近道だというのが真実なのです😉💖

肺炎や風邪にならずに…お気楽に毒を排出したいお方は、MMSがベスト♪下のリンク先にある【MMS】で平熱でごっそり毒物を排出出来ちゃいますので、おススメで~す(≧◇≦)♡✨

ちなみに、O157の食中毒の時に唯一お亡くなりになった子供は、下痢を止めた子だったそうです。毒物の排出を止めるのは健康にとってNGという事になりましょう)

喫煙歴のないという条件での比較では、尿中カドミウム濃度が高いグループでは、低いグループと比較して、有意にインフルエンザや肺炎で死亡する確率が27%高かったようです。

1999-2006の参加者の中でも、血中カドミウム濃度が高いグループでは、低いグループと比較して、統計学的には有意でないものの、インフルエンザや肺炎で死亡する確率が高い結果が出ています。

喫煙歴のない人に限った場合では、血中カドミウム濃度が高いグループでは、低いグループと比較して、インフルエンザや肺炎で死亡する確率が71%高かったようです。

今回の論文では、カドミウムが新型コロナの重症化に及ぼす可能性があるとしながら、カドミウムの含有量が多い食品(穀物、米、肝臓や腎臓などの動物の臓器、大豆、ある種の葉野菜)の多少の変更が必要だという結論でした。

なぜ、今回、感染症とカドミウムだけの関係を調べたのか分かりませんが、感染症という病態に関与しているのは、他の重金属、放射性物質、プーファ、エストロゲン物質など多数の毒性物質があります。

ちなみにカドミウムはイタイイタイ病という差別の対象ともなった公害病の原因物質で、強力なエストロゲン作用物質です(基礎医学『糖のエネルギー代謝と重金属』)。

エストロゲンやセロトニンといったストレス物質が、感染症の本態であることをお伝えしてきましたが、今回はそれを補強する疫学的調査です(疫学的調査では因果関係は言えない)。

新型コロナよりも、カドミウム(水銀・フッ素…等々)のような重金属汚染の(体内混入の)方が、グローバル・パンデミックなのです。

(これが真実でありまして、たっぷりの水銀などの毒物を注射でぶち込むワクチン接種をすれば、体内が毒物の嵐になり…余計に肺炎やインフルエンザになるのは自明の理ですね👍✨、絶対にワクチンは避けましょう。体内に入る毒物の量だけ、より病気になるだけですので…)

“外来の病原体が感染して病気になる”という100年以上に渡る刷り込み「病原体仮説(germ theory)」が幻想であることをこれからも少しずつですが、明らかになってくるでしょう。
↓  ↓  ↓
パスツールの病原体仮説は嘘でべジャンの健康理論が真実です🤣✨





スポンサーサイト



プロフィール

世界の裏側事情や、新型コロナウイルスの真実☆五次元アセンション情報😄🙏トップ固定記事に一発でテレビの洗脳が一発で解ける記事も💖🎶是非一度ご覧下さいませ✨✨

Author:世界の裏側事情や、新型コロナウイルスの真実☆五次元アセンション情報😄🙏トップ固定記事に一発でテレビの洗脳が一発で解ける記事も💖🎶是非一度ご覧下さいませ✨✨
 高身長になる方法・偽コロナウイルス騒動の真実・小顔になる方法・悟りを開く方法・健康になる秘訣・宇宙の真理…など世のため人の為に役立つ情報を書いております。
 貴方の素晴らしい人生のお役に立てますように♪

 30歳を過ぎてから努力で22cm身長を伸ばして195cmになっちゃいました♪
 それと…小顔になる努力で、全頭高が大谷翔平さん越えの19.5cmなりまして……純日本人ながら、リアル10等身を達成することが出来ました♪

 そのノウハウを全て無償で公開しておりますので、もし良かったら皆様も、小顔・高身長の翔平スタイルになって幸せで喜びに満ち溢れた人生を満喫して下さいね♪ 


 スピリチュアルと精神世界・悟り追求者の為になる、宇宙神理(真理)が学び放題な良質な情報を豊富にご用意しております。

 悟りの追求者の方々へ何かしらお役に立てましたならば光栄の極みでございます。修行中の創造主であられる貴方の素晴らしい人生に乾杯♪

究極の美顔法・小顔法「広瀬すずちゃんの横顔の秘密の記事」はこちらになります♪
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-3947.html

鬼滅の刃は日本人のDNAに刻み込まれた【真実の神話】でした👍✨鬼滅の刃の大ヒットは偶然ではなかった…✨現在の桃太郎と…大統領選挙の驚愕の真実とは…✨
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-4667.html

「大豆から納豆を作る記事をテンコ盛り盛り…盛沢山な記事」はこちらになります♪
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-4144.html

最高に奥深い…真我覚醒に通ずる真理の上級者も大驚嘆の真理マスター秘話♪
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-4002.html

HIVウイルスの嘘が良くわかる真実…まとめ記事♪『エイズはすべてインチキだった』~世界中の著名な医師や細菌学者が告発✨✨WHOは、ワワクチンは生物兵器であると認めています✨世界の著名な医師や細菌学者、研究者たちは、その真相に気づいて、エイズウィルスが存在しないことを発見🎵 エイズも白血病も、新型コロナも巨大なサギなのです✨✨
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-4365.html

左脳と右脳が同調して超能力が開花する432HZの周波数✨名曲を440HZから432HZに変更したお話 440HZを432.186HZに変更する方法をご紹介♪
https://sinntyounobiruyo.blog.fc2.com/blog-entry-4255.html

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR